算数が苦手な子ほど「図解」の効果はある!過去の実験例をここで紹介します

「算数は図を描くことが大切です」と「図解」「補助説明」が子ども達の学習理解をうながします。その効果を裏付けた発達心理学の学者さんによって明らかにされた実験をごらん下さい。

“算数が苦手な子ほど「図解」の効果はある!過去の実験例をここで紹介します” の続きを読む

習熟度別授業に必要なこと

習熟度別授業の成果は?

09年03月24日の朝日新聞・朝刊に掲載されていたものです。記事の見出しをみて、驚かれた方もいるかと思います。この記事の冒頭を抜粋します。

勉強の程度に応じて子どもたちをグループ分けして教える「習熟度別少人数授業」。きめ細やかな指導法として各地で導入されているが、勉強の進んでいないこの学力向上につながっていないケースが少なくないことが、30日の文部科学省の調査結果で分かった。《記事より抜粋》

この記事で私が注視したところは最後でした。浅沼教授によるコメントです。

効果の出ている学校をみると、低学力層は10人ぐらいのグループにし、教材や教え方も変えている。子ども1人1人の性格にあわせて声のかけ方まで変えている。《記事より抜粋》

確かに、そうしないと駄目だろう…と私も思います。
そして文部省担当者のコメントで記事の最後をしめています。

効果が出るかどうかは、結局、先生がどうゆう方法で教えているかによるのではないか。
《記事より抜粋》

とても手厳しい2者のコメントです。残念ながらその通りだといわざる終えません。

いわゆる低学力層と言われてきた子どもたち。 私がこの層に所属する子ども達を教えてきて思うのは、従来の教え方(それは教科書に載っている内容も含めて)は合わないです。

これは低学力層と言われる子達が『学習能力が低い』という意味ではありません。 低学力層の子の中には、とてもじっくりと物事を考える子もいます。また、少しでも分からないことがあると、先に進めない子もいます。 それは今の学習環境に対して合わない。その子たちの学び方が異なるだけです。

では、これは先生達の問題でしょうか?

先生達の事情

確かに効果が出るかどうかは先生の教え方次第となりますが、私は効果がなかった学校の先生達らを非難したくはありません。

現在の学校の教育現場は雑務が大半を占めるそうです。 それに追われるばかりで、メインの授業準備が十分にできないことも多いそうです。授業を模索できる時間が今の先生達にはあるのか?そこが習熟度別授業の要なので、そこもよく考える必要がありそうです。

つまり、先生達に問題の責任を押付けられません。先生らに授業準備時間を割いての業務をあたえる学校組織の問題、しいては統括する文部科学省の問題と言えるでしょう。

最後に

習熟度別授業というのは、とてもいいことだと思います。子どもや先生達両者にとってメリットは大きいです。ですから文部省には、その授業のための土台に目を向けて欲しいと思います。