私は小さな冒険家と共にいる。

視線はノートから離れない。
方眼ノートに線や四角が描かれていく。
短くなった青色エンピツがそれに色を重ね、
ノートは美しい数の世界へ変わる。
しばらくして・・・鉛筆は止まる。
子どもはゆっくりと私をみる。
「分かったよ。先生。」
ひみつの宝箱を探し当てたような笑顔。
私はその瞬間が好きだ。
■想像力を失わない冒険家
大海が広がる。
算数・数学を苦手と話していた子が、
たくましい冒険家になっていく。
自分の想像力を信じて前に進む。
「大海をわたるのに100の知識はいらない。
 1枚の地図と3本のウォール。
 これだけでいい。」

必要なものは、
イメージを浮かべる「図解」という地図と、
数の世界を進む「色エンピツ」というウォールだ。
船に余計な知識は載せない。
大波の時に、それが一切役には立たないことを彼らはよく知っている。
■鉄の船か、帆のヨットか。
私たち大人は忘れがちだ。
宝物という目的地は1つでも、
行き方は無限にあるということを。
だから私は伝えたい。
あなたのお子さんに個性があるように、
算数や数学の歩み方にも個性があるということ。
多くの子たちが大きなかばんを携えて、
鉄の船に乗り込んでも、
わが子がその船に乗り込むべきかどうか、
すこし考えてみてほしい。
「この子は鉄の船ではない。
 帆のヨットを与えてみよう。」
 
そんな1つの選択が、
子どもの将来を大きく変える。
私はヨットの停泊港にいます。
小さな冒険家といっしょに帆をあげています。

不登校じゃない。これは休息なんだ。<br> 心の休息中のお子さん、勉強をお手伝いします。

■わが子が不登校になった。
「自分に甘えているだけ!」
子どもを責めてしまう。
「子育てが間違っていたんだ・・・」
自分を思いつめてしまう。
それまで分かっていた子どもの気持ちが、
次第に分からなくなってくる。
そして自信をなくしてしまう。
どうしていいのか・・・分からない。
子どもにどのように声をかけていいのか?
励ました方がいいのか・・・
叱りつけた方がいいのか・・・
そしてふと気づく。
一番つらいのは私ではなく、
学校に行けない本人だということ。

■今、雨宿りをしているだけ。
 だから不登校と言わないでほしい。

私は思います。
子どもは学校に行きたい!という気持ちをちゃんともっている。
しかし、何かの拍子に自分の気持ちの歯車がひっかかってしまい、
少しばかり停止してしまった。
だから思うように動けないでいる。
それなら信じてみませんか?
また子どもの気持ちの歯車はきっと回りだす、と。
これはきっと雨宿りなのです。
長い人生のちょっとした夕立。
子どもは家の軒下で、雨があがるのをじっと待っている。
雨はすぐには止みそうにない。
でも私たちはちゃんと知っているじゃないですか。
「止まない夕立はない。」ということ。
■心の歯車はゆっくり回りだす。
これまで私が出会ってきた雨宿りの子たちは、
自然に学校にいけるようになりました。
特別なコーチングプログラム?
そんなことやったつもりはありません。
ただ、学校へ行けなかったことを咎めず、
ごく自然に彼らを受け入れて教えた。
何気ない会話をして、ずっと先の未来を語り合った。
学校の勉強だけが勉強ではないんだ、と学んだ。
そして心の歯車はゆっくりと回りだした。
少しずつ、少しずつ、
子どもたちは学校へ行くようになりました。
次第に私との雨宿りは必要なくなりました。
そう雨はあがったからです。
■時は夕立が止むまで。
 勉強の手伝いをいたします。

通常指導のコマは満員ですが、
雨宿り中の子の学習のお手伝いがしたくて、
専用の臨時指導コマとして設けることにしました。
その日、学校が行きたくなっての家庭教師の授業キャンセルもOK。
(キャンセル料は発生しません。)

《雨宿り中の子限定!!みかん先生の家庭教師》
  【教 科】算数(数学)・その他(英語・国語・理科・社会)
  【日 時】毎週水曜日13時~(2時間)
  【料 金】8千円(交通費込み)

ご希望の方はメール(左欄に記載)にて、
お問い合わせください。
夕立はきっと止みます。

東京23区で算数数学が苦手な子限定の支援コーチ(プロ家庭教師)みかん先生の案内

このページはみかん先生の通常指導(及び臨時指導)に関する「指導教科・時間・エリア・各指導料・お支払い方法」について説明いたします。
注意)体験指導をご検討中の方はこちらをご覧下さい。


算数数学が苦手な子の支援コーチ(プロ家庭教師)
みかん先生の案内

・指導対象・指導教科
指導対象は、算数数学が苦手なお子さんです。
具体的には、数の概念形成が弱い。中学受験の問題が難しすぎてついていけない。図形を解く閃きが弱い。高等数学がさっぱり…といった傾向のあるお子さんです。
指導教科は、以下の通りです。
・基礎算数(数概念の形成)
・基本算数(義務教育課程)
・受験算数
・中学数学(義務教育課程)
・高等数学(数Ⅰ.Ⅱ.AB)
・通常(臨時)指導時間
原則1時間30分(90分)ただしお子さんによっては2時間まで延長あり
・指導エリア
原則、東京都23区・小田急線沿い(町田までOKです)
(指導中のご家庭との距離も関係いたしますので、範囲から外れる方もどうぞお気軽にご相談ください。)
●指導料金に含まれる料金と費用
月々の指導料金は指導料,交通費,雑費を含めた金額です。
月々の指導料金=[指導料(交通費込)]+[雑費]
指導料について
◯定期指導の場合
予定される月別回数で決定いたします。
月別指導料=8,000-(円/回)×指導回数(回)
注意
1.当日の指導キャンセルについては、申し訳ありませんが指導料の半額(4,000円)の支払いをお願いしております。
2.前日までの授業キャンセルについては、指導日時の振替えを致します。
◯不定期指導(追加指導・臨時指導)の場合
その都度、授業日程を決定します。
月別授業料=8,000-(円/回)×授業回数(回)
雑費について
雑費=テキスト代(千円前後)
※使用時のみ実費でのご請求となります。
(購入前に事前にご相談致します)
・お支払い
指導料金は基本「1カ月単位」でのお支払いです。
支払方法は、現金・銀行振込のどちらか選択できます。
※体験授業では現金支払のみとなります。
◯体験指導のお申し込みはこちら→体験指導の内容/お申込み

指導法を掲載する。その心のカラクリはリンゴの種だった。

■指導法を広めようと思った訳
笑わないと約束してほしい。
私がこれから書くことが、
どんなに可笑しいことであっても、
あなたにはじっとそれを我慢してほしい。
指導法のブログにて、
指導法を掲載しようと思った訳
それを私はここで説明する。
以前笑われた心の傷はまだチクチク痛むが、
これをちゃんと話さないと何も始まらない。
できる限り忠実に書くつもりだ。
しっかり口に手をあてて、笑い息を殺して読んでもらいたい。
■ヒーローがいた。
小学校の頃。
私には「心のヒーロー」がいた。
アニメの聖闘士星矢ではなく、
ドラゴンクエストの勇者でもない。
誰も知らないヒーローだ。
何かのコラムでそれを知り、
私は名前と彼のやった業績をメモにとり、
それをじっと自宅の机の引き出しに入れていた。
そして、私はそのヒーローをみんなに伝える機会を得た。
「私がなりたい職業」
そんな作文の機会だ。
私は心にずっと留めていたそのヒーローを、
みんなに告白することにした。
それは一人の少年にとって大変な決断だった。
私はザラ紙の作文用紙に、
短くなった黒いトンボ印の鉛筆でその想いを書き綴った。
茶色い紙の下敷きはその圧力で深く凹み、
赤い筋肉マン消しゴムは紙上に消し汚れを残した。
出来上がった作文用紙。
そこには確かにヒーローがいた。
■皆に打ち明けた。
発表当日。
お花屋さんや、パイロット。
ちょっと運動神経がいい子は野球選手。
そんな中で、ついに私の発表の出番が来た。
生唾が喉を通った。
私は教卓の前に立ち、みんなの顔を確認した。
ポケットからシワシワになった作文用紙を取り出し、
ゆっくりと広げた。
そして・・・私は1行目を読んだ。
「僕はジョニーアップルシードになりたい」
みんな、ハッとした。
私は読み続けた。
■熱く語ったジョニー
「ジョニーは西部開拓時代の英雄です。
彼はいろんなところを歩いて、りんごの種を皆に配りました。
そして農業の方法を人々に教えました。
だからジョニーアップルシードのアップルはリンゴで、シードは種です・・・」
私は改行が一切ない作文マスを一つ一つ丁寧に読んだ。
みんな真剣にじっと聞いていた。
そして最後の行を私は目で追って、声にだした。
「だから僕はジョニーになりたい。」
私は読みきった。
作文はとっても苦手だったが、
ジョニーの情熱はそれを上回った。
私は充実していた。この上ない喜びに満ち溢れていた。
教室を照らした日の光は15ワットほど明るくなった。
ただし。
それは一本の手が挙がるまでの話だ。
「質問があります!」
一本の細い手が挙がった。
■0%の悲劇
一本の手の持ち主は言った。
「ジョニーにはなれないと思います。
 なぜなら、ジョニーは人だからです。
 職業ではありません。」
一瞬で目の前が闇と化した。
つまり彼は私に高校生で学習する確率の話をしたのだ。
ジョニーは職業ではない。
ゆえにその職につけるのは0%だ。
私が彼に反論できる余地も、併せて0%だった。
私は顔を真っ赤にして下をうつむいた。
そして心の中で反論した。
『職業じゃないんだ。
 ジョニーなんだ・・・
 リンゴを配ったジョニー。
 彼になりたかったんだ。』
そして二度とジョニーのことを口にしなくなった。
非現実的なその夢は0%だったからだ。
■四半世紀後にその意味が分かる
それから時は20年以上すぎた。
私は東京・四谷の丸の内線のホームに立っていた。
目の前には小さな緑色の広告があった。
何の広告かは覚えていない。
しかし、そのとき、分かった。
「そうか指導法を掲載するワケは、
 ジョニーに近づきたいからなんだ。」
この指導法をブログで掲載し、
算数や数学を教える立場の人たちに伝えている。
どうしてこれに喜びを感じるのか?
それは自分の指導法が「小さな種」と感じているからだろう。
もちろんこれは完全な種ではないし、
上手く育つかどうか分からない。
でも種を配り続けていれば、きっと誰か育ててくれる。
もし実れば私が教えられる数倍、数百倍もの多くの子どもたちがリンゴを口にできる。
それが嬉しい。
私にとって、これがジョニーなのだ。
たぶん20数年前のその想いは、
心の奥底でじっと眠っていたのだろう。
あのグチャグチャニ丸めた作文用紙が、
今でも私の目には焼きついている。
そしてあの頃の自分に、いってやりたい。
「君は実現0%の扉をこじ開けた」
■笑い話でも構わない。
ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。
「いい歳して子どもの頃の憧れが、
 今になって出てきただけなのか?」
となんとも呆れる話でしょう。
でもそれでも良いじゃないかと思っています。
今、私はこうやって笑い話にできるぐらい、
その喜びを感じています。
それでいいんじゃないかと思うのです。

算数・数学の基礎専門という理由

教える教科は、算数数学に限定。
さらに基礎部分を専門的に扱う。
こんな家庭教師がいることが、信じられないかもしれません。
「おいおい。
 教えてくれるのはそれだけなんだ・・・
 大したことないじゃないか・・・」
と思われても仕方ありません。
実際、私が教えている内容は、分数や小数の計算。関数や確率。
大したことではありません。
どれもほとんどの方が触れたことがあるし、
正解の○印をもらったところだと思います。
しかし、こんな問題はどうでしょう。
■分数のわり算は
 どうして分母と分子をひっくり返すの?

こんな本質的な問題を投げかけられたら?
困った・・・それは私自身が30年前に不思議に思ったことだ。
でもご安心ください。
ごく一般的なご家庭なら、
その問いに対する答えはこれで十分です。
「それはテストには出ない。」
確かにテストには出ないのです^^;
みんな過去のどこかで聞いたことがあるはずです。
だから子どもの問いの答えにはなっていませんが、
人生の問いにはなっています。
テストに出ないことはしなくてもいい、という問いです。
■その不思議を大事にしたい方
しかしです。
あの時、親や塾の先生からそう言われて、
どうも納得がいかなかった。
『おい、なんでひっくり返すのだ?』
と沸々と疑問が沸き起こる方もいるはずです。
そしてその問いに、
あの頃の大人と同じ言葉で返そうとする自分がいる。
「好奇心や学びを大事にしたい」と思っていた信念が揺らぐ。
どうしても気になって、
子どもが寝静まってから教科書をこっそり読む。
しかし納得がいく答はどこにも載ってない。
これでは子どもに説明できない・・・。
■そんなお父さんの役まわり。
もしかしたら、
そんな説明の役回りとして、
私のようなTutor(=家庭教師)がいるのかもしれません。

例えば、分数のわり算の説明には、
除法の概念や数量の意味を捉えられていることが前提にあります。
ここを確認して、この理解が可能になります。

このような算数や数学にまつわる不思議。
素朴な疑問はたくさんあります。
そこにちゃんと向き合って、
共にじっと考えてくれる存在。
私はそうありたいのです。