算数が苦手な子ほど「図解」の効果はある!過去の実験例をここで紹介します

「算数は図を描くことが大切です」と「図解」「補助説明」が子ども達の学習理解をうながします。その効果を裏付けた発達心理学の学者さんによって明らかにされた実験をごらん下さい。

実験説明の前に

同じ年齢の2人の子に、同時に説明します。 1人はすぐにそれを理解できましたが、 もう1人は何度説明を繰り返しても理解できません。この主な原因はなにか?

それは言葉をキャッチし意味や関係をイメージする「言語理解力」です。 この力が低い場合、説明を何度してもなかなか理解に至りません。

今回の実験はこの言語理解力を補うための「図解の効果」や「補助説明」の効果を明らかにするものです。

実験の内容

実験対象は小学6年生の子供たち。 この子供たちに右の算数問題(参照:問題)を解いてもらいます。

ただ通常と異なるのはここからです。 まず子供たちを言語理解力別に高い群、低い群と2つに分けます。 そして高い群、低い群を学習援助別にさらに3つに分けます。学習援助は以下の通りになります。

(1)援助なし群
問題だけを手渡し、援助はしません。
(2)図解の援助群
問題の数量を表現した線分図(数の大きさを表した線。参照:図解)を提示します。
(3)図解と補助説明の援助群
上記の線分図に加え、その線分図を言葉で解説します。

このような6つに分別された群の平均点を求めてみました。

実験結果—[低学力層ほど図と補足説明の効果大!]

低学力層ほど図と補足説明の効果大

右のグラフは分別された群の平均点を表したものです。 援助を受けた子の方が、言語理解力の高低に関わらず学習成果がでています。

とくに「言語理解力が低い図」と「援助説明を受けた群の子たち」(左から3番目)をみて下さい。言語理解力が高い援助なしの群の子たち(左から4番目)と同等です。

このことから、言語理解力が低い子には図と説明の援助が特に効果があるということが分かります。

図を描く技術が大事

今回の実験では、図や説明が提供されています。実際に問題を解くときに図や補助説明がありません。すると「やはり言語理解力が低い子たちはうまく解けないのでは?」
と思うかもしれません。

そうであれば、図を描く技術を身につけてしまえばいいのです。

子ども達に適切な指導し、図の意味さえしっかり理解する。そうすれば補助説明なく文字情報を図で表現できます。

ぼくが図解にこだわる理由はそこです。