うまくいったところに目を向けて

定期試験後に振り返りをします。大切なのは「うまくいかなかったところ」ではなく「うまくいったところ」を考えること。その話です。

都内の中学校では、定期試験の結果が出た後に、生徒たちへ今回の試験学習への反省などをとりくむところもありますが、それとは別にぼくは個人的に学習の振り返りを行っています。

次へつながる振り返り

その振り返りは、ぼくが子どもたちに質問して回答をそのままメモする感じです。

そのとき注意するのは、悪かった点に目を向けさせないことです。このような振り返りをすると、つい「悪い点を見つけて、反省して」というパターンに陥りがちです。

すると改善するところばかり目にいってしまい、結局、実現できる行動計画へたどりつけません。ですからぼくはこの様に振り返ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です