外遊びは算数の学びの場だ

光と影をどう教えるか?図を使えばいとも簡単なんだけど、やっぱり外遊びには叶わないわけで…その話です。

不可解な「光」「影」

完璧な平行線…それが光です。光は直進する、という大前提たち、影はつねに高さに比例する。光は子供たちの身近にあるのに、分かりにくいものの1つです。

なぜなら…光は目に見えない。

だから捉えようがないんです。
影があってその存在を認識するのです。いや、実に当たり前なんですけれど。これが子供にとっては実に分かりにくい。

見える化する図

光と影を可視化すること。これは図が得意とすることろです。
影のノート板書
上の板書では、具体的に影がどの様に差し込んでくるのか?色をぬることで実感できます。影には、沢山の合同な三角形も潜んでいます。三角形の擬人化で子供たちに、分かりやすく伝えています。(子供は、小・中学生にかかわらず擬人化が大好きですね。)

しかしこの図解は、残念ながら光・影を学ぶ最高の学習ではありません。
では、光の存在を学ぶ最高の学習とは何でしょうか?

最高の学習は「外遊び」

外に出て、時間とともに影の長さを実感する。光の存在を学ぶ最高の学習とは、これなんです。外で遊ぶのが?と思われるかもしれませんが、
教えることの年月を重ねるごとに、この遊びの価値の大きさを思い知らされます。たとえば、影について子供はこう考えるかもしれません。

「昼の校庭の影はすぐ下にあるけれど、カラスの音楽を聴きながら帰る影は、
僕よりもずっと向こうにいるなぁ。」

とても子供らしい感覚です。この感覚経験が大切だと思います。
太陽の位置が違うからそうなっている、という話ではありません。

「全ての影が例外なく前より長くなっている」

という不可思議が大切なのです。

外遊びで身につく力

最近の子供たちは外遊びが少なくなってきました。これはとても残念なことです。外遊びというのは、学習という見地で捉えても、「砂遊び」では、体積の保存・平均感覚の概念が身につく。

「だるまさんが転んだ」では、速さの概念が身につく。
「鬼ごっこ」では、運動と距離の概念が身につく。
「影踏み」では、比例関係の概念が身につく。

こんなにも学習の種があります。これは図や言葉では、どうしても教えられないものなのですね。是非、子どもを遊ばせて下さい。