夏の自由研究はゴム鉄砲ーぼくが気を配った「興味・問題・工夫」について

ゴム鉄砲のまとヨメとぼくで協力してなんとか終わった息子の夏の自由研究。ネット時代だからこそ、研究のポイントをしっかり押さえて(押さえたつもり)でしたが…まぁどうなんだろう?低学年は「興味→問題→工夫」の流れで十分。そのレポートです。

『自由研究 、何にしよう?』

そう考えた時点で、すでに不自由だよなぁ。
と身も蓋もないことをぼくが考えていました。夏休みも残すところ1週間になるのに、帰省先から帰ってきていない息子ナオ。

そんな心配性のぼくをよそに、息子は自由研究の課題を考えて、東京へ帰ってきました。それは「ゴム鉄砲」。昔、割り箸をゴムで結んで、ゴムを弾にして飛ばすあれです。ヨメさんの実家で祖父とゴム鉄砲を作ったのが楽しくて、これを発展した「自動装填式ゴム鉄砲」を作るんだとか。

まぁ課題が決まったなら、話は早い。夏休み、残り1週間で息子の自由研究をする。ぼくがはじめの「制作サポート・記録サポート」を担当し、ヨメが最後の「記録のまとめサポート」となりました。

ネットは使っていいが、設計図は描こう

設計図を描こう

世の中はネットで何もかもが分かる時代です。自動装填式ゴム鉄砲だって、作り方はネットで分かる。動画で解説している人もいます。自由研究だからすべて自分で考えよう、と思うのが普通。だって答を見ては研究にならないですよ。

しかしぼくは、作り方を見る(参考にする)ことについて賛成しました。いろいろと、見ていい。ただしそれを見た息子に、A4紙に原寸図を描くように促しました。つまり設計図を自分の手で描くのです。

小学2年生に難しいかと思ったら、案外、アウトラインを教えると飲み込み出して。終いにはデザインまで考え出しました。ゴム鉄砲のデザインこうなると子どもはすごい。色の凡例を作るのアイデアが出てきました。

ぼくは「問題」を求めた

設計図へ問題点の記入

設計図ができたら、あとはそれにしたがって作るのみ。原寸図に割り箸をあてて、カッターで切る。輪ゴムで結ぶ。すぐにできるだろう、と思っていたのは、息子だけでした。

ぼくは、壁にあたることを望んでいて、いや、そうなってもらわなきゃ困るなぁと思っていました。そして一応、完成したゴム鉄砲はどうだったか?

飛ばない。自動装填されない。本人には悪いけれど、ぼくは心の中でガッツポーズw

「なんでだよ…」

と頭をクネクネしながらゴム鉄砲を見る息子に

「じゃ、どこが問題なのか、図面に青で描いてみようや」

とぼくが提案。嫌がるかなと思ったら、案外、普通に従う。全くうまくいかないゴム鉄砲にゴムを充填しながら、息子は図面に<うまくいかない部分>をメモしだしました。

そして「工夫」へ繋げる

設計図へ工夫を記入

問題がメモできたら、今度はそれぞれの問題をどのように工夫したか?を記録する。まぁ普通は、工夫する箇所を図面で描いて、現物を変える流れだけど、このときは逆。自分で現物を動かしてみて、これで「飛びそうだ…」と思ったらそれを図面へ落とし込む。

工夫の事後報告ってわけです。でも小学2年生なんだから。紙の上で考えるより、ものを動かした方がいい。ここでは、子どもの視点を大事にしました。

「興味・問題・工夫」でいいと思う。

興味・問題・工夫

賞を狙う自由研究なんて望んじゃいない。だからといって課題を埋め合わせるための自由研究はご免ですよ。時間と手間がもったいない。要は子どもが学べればいい。それだけですよ。そうなると、やるべきことは限られてきます。

・本人が「興味」あること。
・その中で問題が発生すること。
・そして本人が工夫できること。

これを丁寧に記録して、まとめてしまう。それで立派な自由研究になりますよ。何か自由研究っぽいものを探すより、雛形があるキットを選ぶより、こっちの方がずっと楽しめて学べます。