算数の基礎は「○○○の見方」

計算が算数だろうか?算数や数学で躓く子たちの特徴から、基礎を見直してみました。

算数の基礎は計算なのか?

昔から「算数の基礎は計算力」といわれます。
たしかに算数の問題を解く際、最終的な答えの○×は計算にかかっています。

ですから、子供たちは計算を練習します。(そして子供はそれを嫌がるわけですが)一昔前まで基礎=計算と私もそう思っていました。読み・書き・そろばん、と昔からいいますし。
でも基礎とおく計算ができても、文章問題になるとさっぱりという子ども達はとても多いです。

算数の基礎は(  )の見方

考えてみると本質的な算数力と、計算力の間にはなんの関係もありません。
算数には、イメージ力があり、組み立て力があり、照合する力があります。

計算力というのは、力というより技術です。ちょっと算数の基礎とは違う。そこで改めて算数の基礎を考えてみました。

論理?
確かに必要だけれどイメージも必要です。
ひらめき?
あったらいいけれど、毎回ひらめきが必要なわけでもないし。
ウンウンと考えて出てきた答えはシンプルなものです。

「素直なものの見方」です。

素直なもののこれが算数の基礎だと思います。
まずは文章を読んで、理解する。
そして自分の経験と照らし合わせて、素直なものの見方で答の検討をつける。

これが算数の基礎ですね。これが前提にある子が、一番強い算数力の持ち主なのではないかと思います。