【算数の基本】たし算−苦手なお子さんが躓く和の原則

「たし算は同じ○○でしかできない」普段、何気なく使っているからこそ気づかない。このページでは、たし算の原則”を説明します。


高校生もつまずくたし算

小学1年生で学ぶはじめての足し算。ほとんどの子が「簡単!簡単!」と言います。この時、この単元でつまづく子はあまりいません。

しかし年齢がずっと上の中高校生で、このたし算(正確には項の簡略)でつまずく子がいます。その子たちに共通していることは「たし算の原則」が身についていない。

小学校1年から学ぶ「たし算の原則」を軸に、たし算のポイントを説明します。

原則1たし算は「同じ種類」でしかできない

それは当たり前でしょ!と思った方が大半だと思います。ピンとこなかった方のために、問題を参考に説明します。

[問題]3kgの石に4mのひもを巻きました。重さは何kgになりますか。

石にひもを巻くことはできますし、それによって重くなることも分かります。しかしこれを

3kg+4m=7kg

とたし算に置き換えることはできません。2つの量は<重さ>と<長さ>だからです。種類が同じものでしか、たし算は成立しません。ごく当たり前のことですが、お子さんの中にはこの原則が分からない子もいます。

原則2:たし算は「同じ単位」でしかできない

原則1と似ていますが、原則2はたし算の計算についての。これも問題を参考にしながら説明します。

[問題]お百姓さんは4aの畑を持っています。この夏、15㎡の畑をゆずりうけました。お百姓さんの畑は何aになりましたか。

上記で出てくる単位aも㎡も面積を示す単位です。問題はこの2つの単位の合計を尋ねていますから、たし算が可能です。式はこうなります。

4a+15㎡

しかしです。だからといって以下のようにはなりません。

4+15=19a

なぜなら貰った畑の単位は15㎡だからです。この問いは、何aですか?と尋ねています。ですから計算の段階で15㎡を0.15aという単位に変換します。

4a+0.15a=4.15a

答は4.15aです。このようにたし算は、単位が揃ってから計算が可能なのです。

まとめ「目で確かめて学ぶ姿勢」を大切にして下さい

たし算ははじめに習う式です。10進法の理解もままならないままに、いろんなことを一気に学びます。子どもは理解なしに、正解をもらおうと必死になります。

たとえば原則1の問題「3kgの石に4mのひもを巻きました。重さは何kgになりますか。」でもお子さんによっては当然のように7kgと答えることがあります。

そんなときハラハラしながら口で説明せず、実際に3kgの石と4mのひもを持って、ちゃんと確かめてみればいいと思います。(もちろん、もっと身近な問題に置き換えてもいいでしょう)

実際にやってみて
「あ、そうか!」
とそのとき気づかせることが勉強が好きになる関わり方だと思います。たし算はまだまだ続きます。