イメージで導入します。算数数学が苦手な子への教え方。

僕の授業はイメージ的な理解を中心に置いています。
具体的にどういったものか簡単に説明します。


■具体例
小学生4年生の分数のたし算での教え方です。
【一般的な教え方】
苦手な子はここで「なんでそうなるの?」と戸惑います。
そこで苦手な子を教えている僕の授業では、このように行っています。
【みかん先生の教え方】
数とイメージを連動させて、通分を納得した上で学びます。
苦手な子が躓く前に、イメージで導入し理解を培っていきます。分かりにくい抽象的な数の世界も、図を使って学ぶと簡単に分かります。
僕の算数数学の授業では、分かりやすい図による学習を小学生から高校生まで一貫しています。理数が苦手な子からとても喜ばれています。