【算数の基本】単位−苦手なお子さんが躓く2点とその教え方

子どもたちが必死に暗記する単位。暗記してしまえば簡単!と思われますが、それで単位が分かるほど簡単じゃありません。単位の難しさはもっと別なところ。このページでは、子どもが単位で躓く箇所とその教え方をお伝えします。


算数で必ず押さえるべき項目は「単位」です。あまりにも当たり前すぎるのですが、この単位の理解なくして数の大きさは分かりません。

しかし私たちは単位がもつ不可解さに、あまり気づいていなかったりします。量は大きくなれば、数も大きくなりますが…必ずしもそうじゃありません。

「小さいのに大きいの?」単位の難しさ-その1

たとえばです。「5と100はどっちが大きい?」と聞かれればそれは“100が大きい”に決まっています。数の大小で判断できます。しかしこれだとどうでしょう?

「1kgと100gだとどっちが大きい?」

こうなると、1kgが大きいはずです。大人からみればなんでもないことですが、一部の子どもにとってこれはショッキングな事件です。1と100だと100の方が大きいのに?1が大きくなるってこういうこと?これまで習ってきた数の大小の大前提が、ここでは覆されるからです。

「覚えられない!!」単位の難しさ-その2

単位の存在を理解できても、その表示の多さに子どもは悩まされます。『100cm=1mで…1000m=1kmで…えっと100㎜が1cmだったっけ?分からないなぁ…』と単位の学習では覚えることが多いと思われています。小学校4年生になると小数も学習するので、ますます単位嫌いになる子が多いです。では、どのように教えればいいのでしょうか?

この単位の指導ポイントはたくさんありますが、重要かつ簡単に教えられるポイントを2つご紹介します。

1.なぜ単位が必要なのか?そこから考える

単位学習の出発点は、単位が存在する理由です。
「重さを表す単位だったらグラムだけでいいのに、どうしてわざわざkg(キログラム)やt(トン)をつくったのかな?」
これをみんなで一緒に考えてみてもいいと思います。

車の重さをgで表示したりすれば、その0の多さに子どもは驚くでしょう。要は、数字の並びが多くなると、数の大きさの比較が難しい…。

もし…だったら?という仮説は子どもの想像力を大いにかきたてます。ぜひ、試してみてください。

2.十進法・60進法の理解

子どもからみれば「時間」ほど不可解なものはないでしょう。他の単位は10進法(10集まると次の位に上がるしくみ)なのに、時間だけは60分で1時間といった60進法で繰り上がります。これが子どもにはどうも腑に落ちない。

それだけではありません。時間がかかわる速さの問題を解く際、60進法の時間を10進法に単位変化します。1時間45分だったら、1.75時間といった感じに変えて計算するのです。これは『なんで?』と不思議に思わないはずありません。(この説明はまた別の機会に)

10集まって60集まっての単位のルール。これを意識的に区別する。ここがこの単位の大切なところです。時計の学習の際は円盤時計を置いておくことをお勧めします。

3.単位の仕組をよく眺める

単位は覚えるべきもの!というイメージがあります。確かに覚えることは必要です。でも闇雲に暗記するものでは決してありません。

単位というのは人が作ったものです。k(キロ)はギリシャ語で1000を意味する言葉だそうです。ということは、kmいうのは?mを1000したもの…1mが千個分だ!というのは察しがつきます。

このように言葉の背景を理解すれば、記憶の定着は極めていいです。「haのhは?」「mmのmは?」を
次々に調べてみてください。親子で納得できると思います。

数の歴史的な取決めが今に続いているそんなロマンも、算数ならではの醍醐味だとおもいます。

関連記事
10より1が小さくなる単位の謎…算数指導のポイント(1)