分かりやすく教えるより謎を与えること。

分かりやすく教えることが、必ずしも「分かる」ではない。本当に分かることはは「子ども自身の中」にあると思います。

「分かりやすく教えます。」

これまで、この言葉を私はたくさん目にしてきました。そして私自身もこのサイトで使っているのですが。
しかし近ごろこう思うんです。分かりやすく教えることが、分かりにくくさせているのでは?

分かりやすく説明しても食いつきが悪い子もいる。話を聞いていないというか…なんで?何が悪い?って考えたんです。それでちょっと分かりやすく教えることを止めてしまいました。

謎を与えてみた

でどうしたかというと、子供たちが喰らいつきそうな謎をポン!と与えて、そこから問答するなかで本質に迫るような授業にかえました。私は「教える」を封印したのです。

これは勇気がいる授業です。私が口で説明すれば2分のこと。それを本人が導いて、私に理由を説明するとなれば15分は必要です。こんな悠長なことをやっていていいものだろうか…と思ったのですが。さて、この授業の結果はどうだったか?

子どもは考えることが好き

この授業は成功でした。ほとんどの子供たちが笑顔になりました。

「楽しかった!」
「自信が持てた!」

と感想をくれました。そして嬉しいことに、ほとんどの子の理解度があがったのです。自身の力でたどり着いた本質というのは、そう簡単に消えません。結果的に問題の演習数は少ないのですが理解定着がよく、正解率もあがりました。

教えてと受けての違い

この経験で、分かりやすく子どもたちに学ばせる上で大切なのは、分かりやすく教えるのではなく、子どもの興味関心を引き出すことと学びました。

子供たちはドキドキしたい。そこにちょっと好奇心を刺激する何かがあればいい。すると子供たちはひとりでグングン道を歩んでいきます。

子どもたちに教えられました。