“算数苦手”に寄り添うたし算ボックスへ

本サイトの『算数力を育むプリント』の改訂作業を進めています。今回、新しく改訂・公開したのは「たし算ボックス・かけ算ボックス」。よりよいプリントを目指して、工夫した点をご紹介します。

本サイトでは、算数力をはぐくむ算数プリントを無料でダウンロードできます。このプリントは日ごろぼくが指導の中で使うものですが、その中でプリントとしての工夫の余地がまだあるなと感じていました。

そこで、今年10月に思い切って紙面構成から見直し。今回の「たし算ボックス・かけ算ボックス」は主に3点を改善しました。

1枚たった4問

これまでのプリントは、印刷紙の数をへらすために紙面いっぱい6問構成でした。しかし一部のお子さんはこの6問に少しハードルの高さを感じるようでした。

そこで今回の改訂では「お子さんの取り組みやすさ」を最優先し、これを4問に減らしました。

たし算ボックス紙面全体
新しい「たし算ボックス」は4問構成でゆったり(一部6問あり)

これでたし算ボックスに二の足をふんでいた子も、積極的な姿勢で取り組めるようになりました。レイアウトもゆったりと好評です。

便利なチェック欄

お子さんの中には『なんの数字がないのか分からない…』という声がありました。そこで全ての問題の列・行の枠の外に、その列行に入る数字を表示するチェック欄をつくりました。

枠に記入した数は、チェックしていきます。

確定した数字は、チェック欄のその数字を消す。これで次に考える数字が分かります。思考を整理したいときに便利です。このチェックボックスで、子どもたちも論理的思考がスムーズにできて、またミスも減ったようです。

育む力をプリントに明記

これまでウェブサイトには掲載していました育む力をプリントにも明記しました。

このプリントが目指している育む力を載せました。

問題の全体数は減りましたが、子どもたちの取り組んだ問題の数は増える。その他にも、いくつか2通りの答がでるものもありました。こちらは1通りになるように、問題をつくり直しました。

この後、そのほかの算数力を育むプリントも改訂していきます。新しいプリントも同時に掲載しく予定です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です