別れがあるから「今」を感じられるよね

3月から4月は出逢いと別れの時期です。でも昔と比べるとそれは実感しにくいです。教え子たちは「ラインがあるよね」「すぐメールするからね」とぼくに話してくれます。そう、ぼくらは今やテクノロジーで繋がることができる。悲しいのは嫌だ?でもそうとは言えないよ。

涙の卒業式にさよなら

中学を卒業した教え子がぼくへぼんやりと呟きました。

「卒業したんだけど、卒業って気がしない」

想像していた卒業のイメージとだいぶズレている様子。話を聞いてみました。卒業式で涙したんだけど。でもまたラインで会話したり…遊んだり…。何か日常ががらりと変わるわけではなく。

「こんなもんなの?」

うーん…ぼくも懐かしき昭和と比較するのですが、たぶん今って時間に対する考え方が変わってきたかな。

「もう別れがない時代だよね」

じつはこの教え子、小学校からあしかけ4年教えてきて中学卒業を機に、ぼくとの授業は終わるんです。それでぼくと会う予定はなくなります。教えてきた時間を想うと、そりゃ別れは辛いです。

でも別れという感じじゃない。お休みする感じ。どうして?

別れを感じさせないテクノロジー

そこにあるのはテクノロジーです。昭和にはなかったインターネット社会。これが人と人とを常に繋いでくれる。だから切ろうという意思がない限り、切れることはありません。

これって教え子たちにとってみれば別れ=悲しみを抱かせないツールです。誰とでもいつまでも繋がっていられる。だから大丈夫って。

「でもね…」

とこのオジさんは言ってしまう。

「別れがない社会も善し悪しだよ」

教え子の顔に影。傷つけるつもりはないです。誤解を与えずに、言いたいことはいわないと。

「別れが変えることもある。ほら高校デビューとか。過去の友達が周りにいたらできないよね。別れにもいい部分はあるんだよ」

するとナルホド…と納得してもらえて。そしてもう1ついいたいことがあると。

別れは人との時間の価値を高めてくれる

なんと言えばいいんだろう…。今、テクノロジーによってずっと繋がっている安心感があるんです。だから人と過す「その時間」の価値を感じさせにくい。いつでも会っているようなものだからです。

これは以前かいた記事ともリンクする話ですが、やっぱり別れってどこにでもあると思います。別れは時間を区切ることで、時間を帯ではなくブロックとして捉えられます。これのブロックが「時間の価値」を生み出すと思うんですね。

卒業式で歌った「あおげば尊し」がずっと耳に残る。ただの歌なのに、心に刻まれる。別れがそこになければこそ、そこに時間の価値が生まれます。

あんまりいい過ぎると良くないですね。だから、教え子たちにはこれからもラインで繋がることを踏まえながら、こんなことも話しています。

だから今を大事にしなよ。

次にまた会えると思って、楽観視しちゃだめ。「もう二度とこの時は来ない…もしかしたら二度と会えないかもしれない…」と想ってみてもいいじゃない。するとその瞬間が大切なものになる。

その瞬間の別れを大事にする。常に。

これが未来を生きる教え子たちへのぼくのアドバイスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です