息子と予習をする

息子が「教科書をもらった」と言うので「じゃ、どんな感じか、ちょっとやってみるか?」と声をかけました。すると「うん、やる」と。久しぶりに二人で数学の勉強です。

息子は1年生から使っていた自宅学習ノート、そして新しい教科書を開きました。

2年生のはじめの「多項式の計算」

ぼくの普段の授業であれば、ノートに板書を書いて説明しますが、息子との勉強ではそれをしません。

「ここ、読んでみるぞ」
「うん」
「2πRのように、数や文字について…」

まず、ぼくが一文を読み上げます。息子は文字を目で追いながら聞きます。そしてぼくは息子に意味を確認します。

「つまりこう言うこと?」

と息子は例を挙げます。それを僕が「うん、うん」と聞きます。

”理解している”と分かれば、次に進みます。理解不十分であれば、もう一度、文章を読んで意味を正しくつかみます。

次に例題です。
まず彼自身に例題の解き方を見てもらいます。そして息子がぼくに説明をします。ぼくは聞き役です。

みる、捉える、人に説明する。それを細かく繰り返していく。結局、これが彼にとってもっともスムーズで効果的な学習方法です。

翌日、息子が嬉しそうにぼくに言ってきました。

「今日さ、学校の数学の授業で、わからないところ全くなかった」
「おぉそうか」
「やっぱり予習して良かった。父さん、今夜も(授業が終わったら)やろう」

笑顔でした。2年生のいいスタートが切れたと思います。

子どもたちは皆それぞれ特性が異なります。学び方も異なります。それに合わせて行うことが大切です。