自分の答えを大切にしよう

中学2年になる息子と一緒に定期試験の勉強をしていたときのこと。息子は回答欄に続けて同じ答が並んだことをおかしいと思って、片方の答えを書き換えました。

それで不正解。ぼくはナオに尋ねました。

「なんで変えたんだい?」
「裏があると思ったから」
「裏ってなに?」
「答えが続くっておかしいし…こっちが違うかなぁと思って」

これはまずいと思い、ピシャリと言いました。

「勉強ってのは点取合戦じゃないんだよ。自分がしっかり考えた答えを素直にそこに表せばいいんだよ」

しかし息子は納得いかない様子です。

「でも答えが続くってないよ」と口を尖らせて言いました。

「いいんだよ。それがしっかり考えた末の答なんだから合ってても間違ってもいい。考えた上で正解も大事だけど、考えた上での間違いはもっと大事だ。学ぶ機会がそこに生まれたわけだからさ」

ぼくは勉強を止めて10分ほど話した。

君の父親(つまりぼく)は若いころ誤った勉強姿勢だった。それで馬鹿げた時間の使い方を繰り返したこと。心底、後悔していることなど。そしてそういう姿勢で学んでいけば、自ずと点数はついてくるとも。

ナオは納得したのか、その後の勉強への姿勢がガラリと変わりました。

ひとつひとつの問題をしっかり読んで、自分の答えを出しました。そしてその答えの理由をぼくに説明しだしました。正誤よりも正解のロジックに気を留めるようになりました。

そう、それ。

いつの時代でも、子どもの成長は嬉しいです。