まちがいを「バツ」にしないこと

子どもたちは「マル」にこだわります。「バツ」が大嫌いです。だから答が間違えていたとき、先生であるぼくにバツを付けさせません。すぐにその場で書き直してマルを望みます。これをみると「バツってなんだろう」と思います。

バツを嫌がる子

算数の学習の中でバツを嫌がる子がいます。マルでなければ、納得しない。それはまちがえた問題は、青マルでもダメで、すべて赤マルをのぞみみます。算数が不得意な子を中心に教えているせいか、そういう子は多いです。全体の4割ぐらいですね。

マルとバツを明らかにするというのは、学習の基本です。マルバツがあって大切な「何ができていて、何ができないのか」が分かります。そこからその次の課題がみえてきます。かつてマルバツを嫌う子には、青マルで勘弁してもらっていました。

しかし近ごろ、ぼくは快く「赤丸」をあげるようにしました。みんな大喜びです。正解してもマル。間違えても、にっこりとマル。これだと子どもたちも嫌な気分になりません。

バツは必要なのかな

子どもの側に長くいると、度々、この「バツ」の意味を考えます。バツをするとどんないいことがあるか?さきほど説明したような、こどもの学びの状態を明らかにする、ということもあります。子どもの「こんにゃろー」という気持を駆りたてる、というのもあるかもしれません。

他はなに?なになに?

ないんですよね。
このマルバツのシステムって元は先生都合で作られたものです。テストの点数をつける時に、実にわかりやすい。ただし学び手にとって「バツをつけられるとこどもは嫌な気分になる」という副作用があります。それを仕方ないことだ、と考えることもできます。でもこの副作用がその後に「その先の学問をする可能性」を奪ってしまうかもしれない、と思うとどうでしょう。

1つでも多くのことを学び、人間としての完成をめざすことが、学問の本義であったとすると。マルかバツかで一喜一憂して、学びへの意義を失ってしまうことは、実におかしなことです。多くのことを学びつづけることの目的が、マルを得ることの目的にすり替わっています。

そういうことをひっくるめて考えると…拘るべきことはマルかバツかではないんですよね。

常に子どもが学ぶことへの面白さを獲得しているか。自分が考えた過程を、誰かに聞いてもらい、それを認めてもらえるか。そういうマルバツでは見えない部分—ここを大事にすることだと思います。

答が正解と異なっていてもマルはもらえる。それでいやな気持ちなく、正しい認識に—大げさに言えば真理—向かっていけるなら、もうそれで十分でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です