共通の指導方針

特性と状況を軸に据えます。

指導の最初から最後まで、その子が上手くできる特性(強み)を探しだし、その子がおかれている状況を踏まえて「無理なくできる方法」に落とし込むことを大切にしています。これが長期的な成果へと結びつくからです。

問題視しません。

一般に“できないこと(弱み)”とは、ひどく深刻な問題と捉えられがちです。しかしそれも誰にでも苦手なものはあるのだと肯定し、状況を適切に捉えて「今の状況を+αにするには?」と無理なくシンプルな解決法を考えています。弱みも肯定する姿勢が子どもの不安を解消し、子どもの存在肯定にも繋がるからです。

耳を傾けます。

傾聴けいちょうは、人と人が信頼関係を結ぶために必要です。苦手な子の場合、学習への嫌悪感を抑える効果もあり、さらに深い学習理解や整理へ繋がる効果もあるからです。※教える側にとっても、子どもの認知や理解の仕方を知る手がかりになりますので話を聴くことを大切にしています。

目標は身近なレベルへ。

大きな目標は、学ぶことへのカンフル剤になります。しかし苦手なことに対する達成困難な目標は、むしろ逆効果です。どんなことでもその目標を身近で小さなものに小分けして、現実に達成可能なレベルに変えるようにしています。目標を無理なく達成して、ステップを踏むように学習成果を上げていく。そうすることで子どもの自信が養われるからです。

成果は過去と比べます。

正しい成果をつかむために、他人と比べずにその子の過去と比べます。今日の学習の1時間前と比べる。1週間前と比べる。1ヶ月前と比べる。その子の過去と比べることで、“前に進む=成長している”という前向きな生きる姿勢に繋がるからです。

もし過去と比べて成果が出ていない場合、学習について考え直す機会です。決してその失敗を精神論で片付けず、どうやって成果を出そうか?と未来を見据えて対応しています。