必見!!【算数指導で悩む小学校教師】無料にて「学習支援」します!

「子供たちにわかる算数を教えたい!」
そんなことを本気で考えている熱意ある小学校の先生。
大迫が「図式指導法」による“学習支援”を行います。


■図式指導法で「学習支援」します!
算数指導で困っている小学校の先生へ。
私、大迫が学習支援いたします。
支援内容は以下の通りです。
【学習支援】
・授業に合わせた独自プリント作成します。
・図で考える算数の「導き方」をお教えします。
・授業成果を分析します。(先生の指導力向上のため)
【料 金】
 無料(プリント原稿のコピー等は学校負担でお願いします)
【学 年】
公立/私立の4・5・6年生
【備 考】
・1単元ごとに受け付けております。
・大迫も本業の業務があり、時期によってはお断りすることもあります。
 
上記と重複しますが、この学習支援は、先生・学校からもサービス料を頂くことはありません。大迫の新しい試みと考えて頂いて結構です。
■なぜ、こんなことをするのか?
きっかけ1.私ができる手助け。
教育関連の記事切り抜きを3年ほど前からやっています。
このブログでもその記事の一部を紹介していますが、
私は現在の教育現場の状況は極めて深刻と感じています。
あるサイトで現役教師のこんな言葉を目にしました。
「いい授業はしたい。
 ただし、それを引き換えに私は倒れる。」
深く考えてしまいました。
現場は授業外の雑務が多く、毎日が息つく暇もない。
こんな状況で教科指導の研究など、出来るはずがありません。
そこで、
熱心な先生達の仕事量を増やさずに、
学習成果を上げるお手伝いができないか?

そう考えたのがこの試みの始まりでした。
きっかけ2.教育現場で効果があった!
暗記がなし概念をイメージで形成する図式指導法。
これは学校の教育現場でこそ効果があると薄々感じてました。
図式の考えに賛同して頂いたI先生(現役中学教師)のご協力のもと、
学校教育現場で図式の数学を試みてみました。
すると、驚くべき効果がありました。
教育現場仕様にさらなる改良をすれば、
図式指導法はもっと子どもたち・先生たちに貢献できる!
と私は確信しています。